失恋ソングで有名なものって?

失恋ソングで有名なものって?

音楽って、言葉によって直接、気持ちに訴えかけてくれますよね。
まるで、今の自分の気持ちを代弁してくれているような気がするものです。
失恋した時には、そんな失恋ソングを聴きながら元カレの事を想い、切ない気持ちにどっぷりと浸ってみるのも悪くありません。
それでは、失恋ソングで有名な曲にはどういった曲が挙げられるでしょう。
例えば、失恋ソングと言えばaikoですが、その中でも「えりあし」、「二時頃」、「KissHug」、「嘆きのキス」などは定番なのではないでしょうか。
倖田來未の失恋ソングも人気です。
「人魚姫」、「CandleLight」、「hands」などは如何でしょう。
HYの「NAO」も、失恋ソングとして絶大な支持を得ている定番の曲ですし、後藤真希の「サヨナラのLOVE SONG」は、元カレへの感謝の気持ちが溢れています。
古い曲から挙げてみると、プリンセス・プリンセスの「M」。
この曲は、「カラオケでこの曲を歌うと失恋する」なんて都市伝説があるくらい有名です。
キュートに明るく失恋を歌っているのが、JUDY AND MARYの「そばかす」、杏里の「オリビアを聴きながら」も誰でも知っている曲でしょう。
ここで意外な失恋ソングも。
それは、海援隊の「贈る言葉」です。
実は、この曲は、フラれた時に思いついた曲なのだそうですよ。
こうやって考えてみると、本当に人って、みんないろいろな経験をしながらたくましく生きているのですね。
たっぷりと失恋ソングを聴いた後は、気持ちを切り替えて前向きに生活してみませんか?